多言語化「Myサイト翻訳」

ホームページに「翻訳ボタン」を
つけるだけで、外国語ホームペ
ージが実現!
システム開発元:(株)高電社 
 

連絡先

株式会社アーキネット
+地域情報計画室
〒999-3729
山形県東根市中央東3丁目2-54
電話/0237-42-1008
 

カウンタ

COUNTER182401

リンクリスト(Webサイト制作実績)

ICT活用事例
「山形教育No.355 特集:子どものパソ
コン・ケータイ利用を考える」で紹介しま
したICT活用事例を動画でご覧下さい。
 
農〜んびりやまがた発見ナビ
 
土地改良の歴史 映像アーカイブス
 
<広告>




 
NetCommons
 

自治体向けシステム「スサノオ神話」の提供

CMS一筋15年の開発運用実績から生まれたCMS「スサノオ神話」
「ウェブコンテンツJIS達成等級AA」準拠のサイト設計にも対応
 


東北総代理店 株式会社アーキネット 電話 0237-42-1008
開発元 株式会社ティーエム21  http://www.tm-21.co.jp/

 閲覧者にも制作者にも使いやすいアクセシビリティに配慮されたCMS「スサノオ神話」は、自治体や企業サイトに最適なクラウドCMS(コンテンツマネージメントシステム)です。必要機能はしっかりカバーしつつも、オーバースペック過ぎず、多種多様なニーズに対応する拡張性を持ちながら、最適なコストパフォーマンスを実現。今、求められるアクセシビリティ対応「ウェブコンテンツJIS達成等級AA」準拠のサイト設計にも対応できます。


高いセキュリティー性能

 スサノオ神話のシステム構成の特徴として、まず、管理用アプリケーションと公開用アプリケーションがそれぞれ独立していることにあります。ドメインを二つ用意することによって、管理用アプリケーションと公開用アプリケーションがそれぞれ独立することによって、ファイヤーウォール側でも簡単にアクセス制限をすることができます。
 例えば、管理用システムは指定したIPアドレス(指定のネットワーク)からしかアクセスできなくすることが可能です。ローカルネットワークにサーバを設置した場合と、同じ感覚でご利用いただけます。信頼性の高いフレームワーク(Ruby on Rails, Sinatra)を使用し、頻繁にアップデートをすることで、高いセキュリティーを保ことが可能となっています。
 DBへのアクセス権限を分けることにより、公開用システムからはDBの読み込みのみ許可をしております。そのため、公開用アプリケーションからはデータを読み込むことは可能ですが、そのデータを書き換えることはできなくなっています。こうした特徴によりデータの改ざん等に強いシステムとなっています。 

CMS「スサノオ神話」の開発経緯

 開発元である株式会社ティーエム21 http://www.tm-21.co.jp/ は、平成15年11月、全国的にも早い段階で自治体向けCMS(当時はホームページ自動生成システムと呼称)CMS『WebPage21』(登録商標)を独自開発し、リリースしました。
 CMS『WebPage21』は、クラウド(ASP)型の高機能・低価格・簡単操作・携帯対応CMSを特徴として、島根県内をはじめ山形・茨城・岐阜・岡山・鳥取・山口・福岡など全国の自治体・公共団体、企業・各種団体サイトに延べ400システム以上の採用実績をいただき好評を受けてきました。

 ユーザーの皆様からのご意見や要望を吸収し、様々なシステム改良や機能強化などのバージョンアップを図ってきました。
 また、ITやインターネットを取り巻く技術進化やスマートフォンの登場、アクセシビリティ(コンテンツJIS)の重要性、セキュリティの強化など環境の激変を受け、バージョンアップでの対応よりは、これまでの実績と経験を継承しつつ、新たな技術やニーズを投入し、全面的な新規開発を行い「スサノオ神話」を開発にいたりました。こうした経緯から、平成26年7月、しまね産業振興財団の「新技術・サービスモデル開発支援助成金」に採択され、新たにオープンソースRubyにより開発リリースしたシステムがRuby版CMS「スサノオ神話」(登録商標)です。
 
 

だれでも更新できるNet Commons の特長

1.初心者でも簡単操作
誰でもワープロを打つように簡単に、Webページを編集できます。これまでIT専門家に依頼していたページ更新も、現場の担当者が手軽に直接更新できます。

2.いつでもどこでも更新
インターネットにつながるパソコンとブラウザさえあれば、いつでもどこからでもWebページの更新が可能です。ID・パスワード発行により、会員管理、ルーム管理、システム管理もブラウザ上で素早く、安全に設定できます。

3.必要な機能がすべてオールインワン
実際に役立つ多彩な機能をすべてこれ一つに網羅しています。
《搭載項目》小テスト、アンケート(自動集計)、レポート、カレンダー、Todoリスト、キャビネット、掲示板、リンクリスト、施設予約、チャット、汎用データベース、日誌、緊急連絡メール、メールマガジン、フォトアルバム、携帯サイト自動生成、登録フォーム


 

CMS導入による3つのメリット

1.専門知識不要、初心者でも簡単
2.自分で更新できるからいつでも最新情報
3.自分で更新できるから1回毎の更新費用がかからない

【CMSとは】
CMSはシステムコンテンツマネジメントの略語で、HTMLなどの専門知識がない人でもWebサイトが作れるソフトウェアのことです。

【NCトレーナー】

NCトレーナー(NCT)とは、一般社団法人みらいウェブ推進協会認定が認定した講師で、NetCommonsの操作トレーナーとして各種認定講座を開催できる講師のことです。
>NCT資格保持者

 

利用料金

●NetCommonsインストール版のプランで
月々3,800円~


料金表(サーバ容量3GB)
 コース名 初期費用(初回のみ) 料金(税込)
 セルフコース 10,000円月々 3,800円
 アカデミック版  5,000円 月々 1,800円
※初期費用には独自ドメインの取得費用も含まれます。
※アカデミック版は教育機関専用です。
※NetCommonsサイト作成講習会(受講料:8,000円)も開催しております。
※NetCommonsヘルプデスク・サービス(年間:10,000円)

◆お申込み 0237-42-1008株式会社アーキネット
 

NetCommonsを使うと・・・

・誰でもホームページを更新できる

・専門的な知識やスキルがない初心者であっても、3時間程度の研修で、プロ並みのホームページを構築可能

・サーバにインストールするタイプのソフトウェアなので、どの端末(パソコン・携帯)からでもインターネットにつながっていれば、いつでもどこでも更新できる

・携帯サイトを自動生成してくれる。

・投稿と同時に登録された会員のメールアドレス(携帯・PC)に記事を配信することができるので、メールマガジン配信や緊急連絡のメール配信が可能

・セキュリティ対策がかなり高度なので、安心して使える

・SEO対策が自然に施されているので、使うだけでGoogle、Yahoo!で上位表示可能

・RSS配信も標準装備

 

Net Commons 制作例

 

会社実績

Webサイト構築実績
検索検索